お通じで悩みを抱えている女性の原因と対策について

お通じで悩みを抱えている女性の原因と対策について

女性が抱える体の不調の一つ、お通じで悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか?

 

一口に便秘といっても原因はかなり種類があります。
まずは女性に多い運動不足。

 

腹筋の筋力低下はダイレクトに便秘に繋がります。
時折妊婦さんが便秘になりやすいと耳に挟んだ事はないでしょうか?

 

あれは、妊婦さんの腹筋が衰えるからなのです(すべてがこの理由のみという訳ではありませんが)
腹筋を使っていきむことで大腸の蠕動運動を促します。

 

ですので腹筋が衰えるとこの機能自体が低下をしてしまい便秘になりやすいという訳です。
次の食物繊維の摂取不足です。

 

元々和食は食物繊維が豊富なのですが、食の欧米化が進み日本人の食物繊維摂取量は少なくなっています。
他には、水分不足もあります。

 

ダイエットをしたくて水分の摂取を控える方もいますが、正直お勧めしません。
美容の為にダイエットをしたとして、水分補給をおざなりにして便秘になり
肌荒れを引き起こしたら本末転倒です。

 

人間の身体は水分で出来ているのでしっかり摂取しましょう。
最後に、ストレスも便秘の原因です。
ストレスや生活環境で引き起こされるもので痙攣性便秘。
それがさらに悪化すると過敏性腸症候群となります。
この過敏性腸症候群は、下痢を伴うこともあります。

 

ただ注意が必要なのはこの過敏性腸症候群の症状である「便秘と下痢を繰り返す」ですが、
大腸ポリープや、大腸癌のシグナルの可能性もあります。

 

あまりこの症状が長く続くようでしたらただの便秘と思わず、病院を受診してはいかがでしょうか?

 

道具も要らず手ごろに便秘解消できる方法といえば運動です。
効果があり効率が良いのはやはり腹筋運動です。
ひざを立てた状態で仰向けに寝て、軽く上体を起こす。

 

このストレッチを暇なときに小まめにすると良いでしょう。

 

1日5分何セット〜とか何十回やる〜などあまりはっきりした数値目標を立てて、
きちかち型にはめてやるより生活の一部として取り入れてみたほうが継続すると思いますよ。
また、どうしても運動無理!私は怠けたい!という方。

 

ウォーキングなんていうのはいかがでしょうか?
わざわざ歩きに外出するわけではないです。

 

買い物や会社からの帰宅時に少し寄り道をして運動量を稼ぎます。
歩くというのはストレス解消にもなります。きつめの運動より、緩やかな運動のほうが

 

副交感神経を高めるのでウィンドウショッピングを楽しみながら、便秘解消を目指しましょう。
食事療法も効果的です。

 

運動も大切ですがやはり腸内環境を整えるのも便秘解消になります。
まずはチーズやヨーグルト等の乳製品。納豆等の発酵食品。

 

これらの食品の中に入っている乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減らします。
毎日の摂取をする事をお勧めします。
また、冒頭でも書いた食物繊維。

 

これも腸内善玉菌を増やし悪玉菌を減らす効果を持っている水溶性食物繊維。
腸を刺激して蠕動運動を促す効果がある不溶性食物繊維です。

 

水溶性食物繊維はわかめ等の海藻類、こんにゃく、果物等、納豆、です。
これらは血糖値の急激な上昇を抑える効果もあります。

 

不溶性食物繊維はほとんど人体では消化されません。
豆類、アーモンド、きのこ類に含まれています。
これらをバランスよく摂取して、爽快な生活を送りましょう。

 

便秘を解消するだけでも汗の臭いが幾分マシになります。体臭にお悩みの方も実践してみてください。