舞子さんの世界で伝統的に伝わる制汗法、半側発汗

舞子さんの世界で伝統的に伝わる制汗法、半側発汗

日本は夏真っ盛り。
汗っかきの人には憂鬱な季節がやってきました。

 

満員電車ではいかにも暑そうなスーツを着て滝のような汗をかき、それこそ一駅ごとに外に出て汗を拭きたくなるくらいです。

 

また、営業の外回りでも暑そうなスーツを脱げないため、お客さん先を訪問するたびに「○○さん、暑そうだから冷房強くしてあげて」と言われて恥ずかしい思いをしたりもします。

 

思わずこの暑苦しいスーツを脱ぎ捨てて、アロハのように涼しそうな格好で出勤出来たらなんて思ってしまうくらいです。

 

しかし、目を日本人の心の故郷京都へ向けてみましょう。

 

京都の街中をいかにも暑そうな恰好をして走り抜けていく人たちがいます。

 

そう。それが舞子さんです。

 

スーツなど及びもつかないような暑そうな着物を着て、夏の京都を走り抜けていく舞子さん達。きっと汗だくで大変なんだろうなと思っていたら、汗をかいていません。

 

舞子さんはあれだけの化粧をしているので、汗なんてそうそうかいていられません。

 

しかし、とはいっても舞子さんも人間です。気持ちで汗を抑えられる訳はありません。

 

舞子さんの世界には伝統的に汗を抑えるコツが伝わっていました。今回はそのコツについて紹介したいと思います。

 

舞子さんがあれだけ暑そうな格好をしているのに汗を顔に書いていない理由、それは「半側発汗」という原理を使用しているからです。

 

「半側発汗」という原理は身体の片側に圧を加えると反対の片側だけが発汗するようになるという作用の事を言います。

 

つまり、圧迫されている側は汗をかかなくなり、反対の側にその分多量の汗をかくことになります。舞子さんを見てみると胸の当たりを帯でぎゅっと締めています。

 

これにより体の上半身が圧迫されることにより、上半身の汗が抑えられているのです。

 

そして、抑えらえた分の汗を舞子さんは下半身にかいているということになります。舞子さんはきっと顔などは涼しげですが、きっと胸から下は汗だくで歩いていることでしょう。

 

この「半側発汗」を日常にとりいれるためには胸などの上半身を締め付ける事です。

 

女性なら下着をきつめに締めるなどの方法があります。それにより顔の汗を抑えることが出来るはずです。

 

クリアネオと一緒に試してみてはいかがでしょうか?