舞子さんの世界で伝統的に伝わる制汗法、半側発汗

舞子さんの世界で伝統的に伝わる制汗法、半側発汗

日本は夏真っ盛り。
汗っかきの人には憂鬱な季節がやってきました。

 

満員電車ではいかにも暑そうなスーツを着て滝のような汗をかき、それこそ一駅ごとに外に出て汗を拭きたくなるくらいです。

 

スーツ

 

また、営業の外回りでも暑そうなスーツを脱げないため、お客さん先を訪問するたびに「○○さん、暑そうだから冷房強くしてあげて」と言われて恥ずかしい思いをしたりもします。

 

思わずこの暑苦しいスーツを脱ぎ捨てて、アロハのように涼しそうな格好で出勤出来たらなんて思ってしまうくらいです。

 

しかし、目を日本人の心の故郷京都へ向けてみましょう。

 

京都の街中をいかにも暑そうな恰好をして走り抜けていく人たちがいます。

 

そう。それが舞子さんです。

 

スーツなど及びもつかないような暑そうな着物を着て、夏の京都を走り抜けていく舞子さん達。きっと汗だくで大変なんだろうなと思っていたら、汗をかいていません。

 

舞子さんはあれだけの化粧をしているので、汗なんてそうそうかいていられません。

 

しかし、とはいっても舞子さんも人間です。気持ちで汗を抑えられる訳はありません。

 

舞子さんの世界には伝統的に汗を抑えるコツが伝わっていました。今回はそのコツについて紹介したいと思います。

 

舞子さんがあれだけ暑そうな格好をしているのに汗を顔に書いていない理由、それは「半側発汗」という原理を使用しているからです。

 

「半側発汗」という原理は身体の片側に圧を加えると反対の片側だけが発汗するようになるという作用の事を言います。

 

つまり、圧迫されている側は汗をかかなくなり、反対の側にその分多量の汗をかくことになります。舞子さんを見てみると胸の当たりを帯でぎゅっと締めています。

 

これにより体の上半身が圧迫されることにより、上半身の汗が抑えられているのです。

 

そして、抑えらえた分の汗を舞子さんは下半身にかいているということになります。舞子さんはきっと顔などは涼しげですが、きっと胸から下は汗だくで歩いていることでしょう。

 

この「半側発汗」を日常にとりいれるためには胸などの上半身を締め付ける事です。

 

女性なら下着をきつめに締めるなどの方法があります。それにより顔の汗を抑えることが出来るはずです。

 

クリアネオと一緒に試してみてはいかがでしょうか?

 

わきがは食事で改善することも可能

 

脇汗じゃなく、臭いも気になるという方は食事で改善するようにしましょう。

 

ワキガの匂いの原因は、わきのアポクリン腺という汗腺から分泌される汗です。
アポクリン腺から分泌された汗は、皮膚の内部にある皮脂腺から分泌された脂肪分と混ざり合い、
それが皮膚やわき毛の細菌によって分解されることによって刺激臭を発するのです。

 

動物性脂肪を多く取ると、皮脂腺が刺激され、

 

皮脂分の分泌量が増え、結果的にニオイを強くする原因になります。
お肉や乳製品、揚げ物やファストフード、スナック菓子などの脂質が多い食べ物は控えることをおすすめします。
しかし、脂質は糖質やタンパク質と並び、三大栄養素と呼ばれているほど重要なものです。
脂質を全く取らないと肌の老化や血管の劣化を招き、健康を害してしまいます。

 

なので、バランスよく食事を摂取することも大切です。

 

カレー、キムチなどの食べることによって汗が出てしまう、香辛料が含まれる食物も避けたほうが良いでしょう。
また、コーヒーや炭酸飲料もワキガを悪化させる原因です。

 

また、お酒は飲むことによってお酒臭くなることに加えて、発汗作用もあるのでワキガを悪化させてしまいます。
たばこもニコチンの作用によって汗が出やすくなってしまい、結果として、わきのニオイが強くなります。

 

抗酸化作用のある食品を摂取することによって、活性化酸素の作用で脂肪分が酸化することを防ぎ、体臭予防ができます。
主にビタミンE、ビタミンC、ポリフェノール類が含まれる食品が有効です。

 

例としては、アーモンドやアボカド、キウイやレモン、茶葉や赤ワイン、納豆やブルーベリーなどを挙げられます。
また、梅干しは体臭予防に非常に効果的であるとされています。

 

このように、食生活は、ワキガのメカニズムにおいて、とても重要な位置を占めています。

 

過剰な脂質の摂取、コーヒー、炭酸飲料、お酒、たばこなどの嗜好品は控え、
野菜や豆類を取る、抗酸化作用や消臭作用のある食品を取る、といった食生活を続けていくことによって、
体内環境が改善され、体臭が軽減され、さらにワキガも改善されていくのです。